現金を即日借りる方法とは?お金借りるために

現金をすぐに手に入れる方法としては、消費者金融のキャッシングを使って即日融資を受けることがおすすめです。消費者金融には様々な業者がありますが、その中でも審査結果が出るまでにあまり時間がかからない業者を選んでキャッシングの申込みをすることで、即日中に現金が手に入ります。

すぐに融資が実行されれば、急いでお金借りたい事態が起きていても対応できるので安心です。申込みをしてからすぐに融資が行われる消費者金融としては、プロミスがあります。プロミスであれば店舗数も多いですし、自動契約機も数多く設置されているために、どこの地域であってもお店が見つけられないとは言えません。

また、プロミスの大きなメリットとして、インターネット上で手続きを完結できる点があります。ネット完結ができれば店舗が近くない場所であっても、スマートフォンや携帯電話を使うことですぐに借り入れの申込みができます。来店する手間を省くことができますし、金融機関の口座に直接振り込んでもらえますので、自宅や外出先に居ながらいつでも融資が受けられます。

スマートフォンや携帯電話を使って書類の提出を行うことが可能ですし、50万円以下の融資を希望することで身分証明書の提出のみで借り入れができるのもメリットと言えます。50万円以上の融資を受けたいときや、他の金融業者から融資を受けていて100万円以上借り入れをしているときには、収入証明書の提出も求められます。

プロミスを利用している間でも他社からのキャッシングが増えると収入証明書類を提出しなければならないことがあります。
総量規制に基づいた運営をしている消費者金融では、個人の貸金業者からの借り入れ総額が年収の3分の1を超えることができません。

そのため収入を証明しなければならないタイミングがあります。
・1社からの借り入れ金額が50万円を超えるとき
・貸金業者からの借り入れ総額が100万円を超えるとき

借入残高が10万円を超えるときには3か月に一度、個人信用情報機関に他社からの借入残高を照会されることになります。
そこで他社からのキャッシングが増え、借入残高が100万円を超えているとプロミスから収入証明書類の提出を求められます。

アルバイトも長年続けていればキャッシングの審査に通りやすい
安定した収入という条件がある以上、消費者金融のキャッシングでは月収で働くことが条件のようにも感じられます。

実は消費者金融ではアルバイトによる収入があれば申し込みをすることができます。
特に勤続年数が長ければそれだけ審査には通りやすい傾向にあります。
時給での収入でも、充分に安定をみることができます。

消費者金融の審査で、どのようなことを安定した収入としているのでしょうか。
今、融資を行った金額をこれから先、返済していくことができるだけの収入があるかどうかを判断します。
そのため、安定した収入とはこれから先も現在の収入を続けていくことができるということです。
先を予測することは難しいものですが、これまで働いてきた期間によって充分に推測することができます。

キャッシングの審査に通らないときは、これまでの債務に問題があるかも

収入にも問題がなく、支出もそれほど多いものではないというのであればキャッシングの審査には通る可能性は大きなものになるでしょう。
ところが、それでもキャッシングの審査になかなか通らないということもあります。

そんなときにはこれまでの債務に問題があったのかもしれません。
個人信用情報機関に情報開示請求をして確認してみるとよいでしょう。

過去にキャッシングの経験がないという方でも十分にあり得ることです。
分割ローンや、携帯電話の支払いなど遅れたことはないでしょうか。
少々の遅れは問題ではありません。
3か月以上滞納をするとそれは悪質な情報として個人信用情報機関に保有されます。
いわゆる異動情報、これがあると審査に通ることはありません。

 

消費者金融無人契約機のデメリット、設置されている場所

無人契約機が設置されている場所、それがデメリットになることもあります。

消費者金融も大手になると人目に付く場所に無人契約機があります。
裏通りの暗い中にひっそりと設置されている、そのようなことはありません。
目にしたことがある方は多いかと思いますが、東京や大阪などの交通手段が地下鉄などの公共機関であるときには駅を降りるともう消費者金融の看板が目につくでしょう。
また地方など交通手段が車になる場所では大きな国道沿いに無人契約機が設置されています。

利用するには非常にわかりやすい場所です。
しかし人の目を気にするという点で見ればデメリットになることもあるでしょう。
例えば同じ市内に何店舗も設置されているわけではありませんので目立たない場所を探すということは難しいでしょう。
人通りの多い場所に設置されているだけに誰かに見られるという危険性は感じるかもしれません。
無人契約機とはいってもタッチパネルにはカメラがあり担当者がその様子を見ています。
自分からは見えなくても、スタッフからは見える、それが心配にもなるかもしれません。

消費者金融には無人契約機や店頭窓口しかないわけではありません。
そのほかにも申し込み方法があり、インターネット申し込みや郵送、電話での申し込みもあります。
申し込みは初めの一回ではありますが、自分にとってそれが難しい方法であれば別の申し込みを考えましょう。
それができるほどに消費者金融では申し込み方法が充実しています。